• SHINGO WAKAGI
    TOKYO JAPAN

     

    PHOTOGRAPHER

    MOVIE DIRECTOR

     

  • "YOU ARE SUPPOSED TO BE ABLE TO DO THIS AND THAT,

    SO HOW COME YOU JUST FOCUS ON ONE THING?"

  • WORKS

  • MOVIE

  • CINEMA

    "FILM IS LIKE SUCH A BIG BOWL THAT

    I PERSONALLY ATTEMPT TO PACK MY VAGUE SELF OR CONTRADICTING SELF IN IT"

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • WRITING

    "TELLING PEOPLE ABOUT THE THINGS

    WE'RE GOOD AT

    IN SEARCH OF SOME THINGS THAT HELP ME"

  • PORTRAIT

  • EXHIBITION

     

    2020年、今秋!
    神保町・スーパーラボにて新作展示予定。乞うご期待!
     

    【ライカプロフェッショナルストア東京】若木信吾写真展「My Garden」開催

    写真展概要

    作家: 若木信吾

    タイトル: 「My Garden」

    期間: 2020年7月18日(土) - 8月22日(土)

    会場: ライカプロフェッショナルストア東京

    東京都中央区銀座6-4-1 東海堂銀座ビル2階

    Tel. 03-6215-7074 11:00 – 19:00 日・月曜定休 入場無料

    展示: ライカM10-Rで撮り下ろした作品12点(額装9点、大判パネル3点)

     

    ある日、子供と図鑑を広げていて、植物が花を咲かせることを始めたのは白亜紀の前半だと知りました。種の保存と繁栄のため、昆虫の様な動く生物に花粉を運んでもらうという、確実な方法に進化をしたのです。つまり花は自分以外の種に見つけてもらうことで使命を全うするのです。

     人間が誕生した頃にはすでに花は存在していました。そしてずっと人間の五感を刺激してきたのです。そのおかげで、我々は花の魅力に憑かれ続け、多くの新しい品種を作り出し、現在では様々な形で花に囲まれています。花がなければ人間は熱心に植物を育てなかったかもしれません。人間に育ててもらうことで生きながらえたのも花の運命でしょう。

     一方、虫に受粉を促されながら、毎年人知れず咲き誇る自然の花たちもあります。そういう花たちを見つけた瞬間はとても興奮します。その偶然の出会いを素直に受け止め、記録するにはライカレンズの描写力とライカM10-Rのさらなる高画素数がとても適していると思いました。花そのものの美しさと、形態のディテール、さらにはその花の咲く風景を一度にとらえたいのです。

    若木信吾

  • ADVERTISEMENT

    huhuhu
    huhuhu
  • BOOKS

    "ON BEHALF OF FREE TO PHOTOGRAPH WHATEVER I WANT"

  • お問い合わせ

    General Inquiries